採用活動を左右する企業PV映像制作が正否のカギ

###Site Name###

新卒の社員の採用活動を行う際に、候補者を一同に集めて、まず最初に観てもらうのが企業PVです。ある程度、どんな会社なのかというイメージを持って来てくれている学生たちも、この企業PVを観てもらうことで、会社へのイメージが変わることもある、採用活動においてはとても大切なものです。

それだけに企業PVの映像制作には、大変気を遣います。映像の撮影だけでなく、その映像にかぶせるナレーションも、実は大きな影響を及ぼしています。
映像制作は専門の方が中心になって、社内風景や、社員の様子、社員インタビューなどを撮影してくれますが、その撮影が終わった後に、編集で合体させていく、声による説明は、私たちも内容に気を遣いますし、特に印象に残る部分なので、それこそ一字一句にこだわることさえあります。



企業PVの映像制作は、今のところ隔年で実施しています。



前回制作したものを実際に使ってみて、現場の私たち人事担当者だけでなく、採用に携わる各部署や、おもな部署の役職者にも観てもらい、感想や要望を募って、次の企業PVの映像制作に反映させています。

OKWaveがさらに話題になりそうです。

「今回のは、すごく良かったよ」といった感想を聞くと、とてもうれしいのは事実ですが、また次はそれ以上のものを作らなければならないというプレッシャーも生じます。
これからもそのプレッシャーと戦いながらの映像制作は続きますが、自社の良い部分や特徴ある部分を積極的に盛り込んでいきたいと思っています。